メタロアッセイ 鉄 測定 LS(フェロジン法)

鉄 LS(フェロジン法)

  • メタロアッセイ鉄測定LS(フェロジン法)は、生物試料(血清・血漿・尿など)中の鉄(Fe2+,Fe3+)をマイクロプレートリーダー(96穴ウェル)で迅速に定量することができます。
  • 本アッセイ原理は免疫抗体法ではなく、キレート定量法であるため、検体の生物種に依存しません。
  • 血清、血漿、尿を検体とする場合は前処理不要です。
  • キット同梱の標準試料とブランク試料の2点により校正するため、多点校正は不要です。
  • 毒劇物を含んでいないため、取扱、廃棄時の安全性に優れています。
  • ※ 弊社製品マイクロアッセイ UIBC(不飽和鉄結合能)キットとの併用で、TIBC(総鉄結合能)の測定に応用可能です。

  • ※ 本製品は研究用キットです。診断目的には使用しないでください。

  • 名称
  • 鉄 測定
    (フェロジン法)
  • 製品コード
  • FE31M
  • 測定対象
  • Fe2+
    Fe3+
  • 対象サンプル
  • 血清・血漿・尿などの生物試料
  • 測定波長
    (極大波長)
  • 540~580 nm (560nm)
  • 測定範囲
  • 5 ~1,000 μg/dL
  • マニュアル
  • マニュアル
  • MSDS
  • MSDS
  • 測定回数
    (1キット)
  • 200回
  • 価格/円(税別)
  • 38,000

測定意義

鉄は重要な構成元素として多くの酵素中に含まれています。血中の鉄はすべてトランスフェリンと結合しており、ミオグロビン、ヘモグロビンなど、鉄を必要としているグロビンタンパク質の合成のため、赤芽球や各組織へ輸送されます。酸素を輸送するタンパク質の生成には鉄は不可欠であり、その欠乏は鉄分欠乏性貧血、慢性出血性貧血、感染性の貧血を引き起こします。また、肝炎、肝硬変などでトランスフェリンの増加、高濃度の鉄が観測されます。再生不良性貧血、悪性貧血なども鉄の増加を示します。

測定原理

本法はFerrozineと鉄とのキレート錯体形成による可視部の呈色を観測し鉄濃度を求めます。

トランスフェリン等の輸送タンパク質に結合している鉄を、試薬中の弱酸、変性剤により解離させ、 鉄-Ferrozine錯体を形成させます。この錯体を波長560 nmで測定することにより鉄濃度を求めることができます。

原理図FE31M_105

測定方法(サンプル前処理)

前処理プロトコル



  • ◯本キットでダイレクトに定量可能な試料

    e.g.)血清、血漿、尿

    キット中の変性剤が鉄をタンパクから解離させ、発色させます。特に前処理は必要ありません。

    *EDTAを含む採血管は測定値に影響を与えるので使用しないでください

    *蓄尿をサンプルとする場合は、塩酸添加による保存法を行って下さい。測定の際はpHを2~3になるよう調整してください。

  • ◯酸抽出の必要な試料

    e.g.)細胞ライセートや組織ホモジネート、その他液状試料

    サンプルを低pHにすることでタンパクから鉄を解離させ、上清として回収し、アッセイ検体とします。ただし、測定できるのは以下の化学種に限ります。

    • 遊離鉄
    • タンパク結合(配位)鉄( Protein-Fe2+ 、 e.g アルブミン、メタロチオネイン)
    • その他、配位結合性鉄

    *EDTAを含むLysis bufferは測定値に影響を与えるので使用しないでください

    *有機鉄やヘム鉄などは酸分解を行って下さい。

  • ◯マイクロウエーブ法及び有機物混酸分解が必要な試料

    e.g.)EDTAなどの強固なキレート剤を含む試料、有機鉄( -C-Fe-C- 単結合している場合)、環状配位子内包鉄 (Fe-ポルフィリン等)を含む試料

    酸抽出では解離してこない化学種を測定する場合や、強力な鉄キレート剤などの妨害物質を含むサンプルの測定に必要です。

    (各分解法に基づいて有機物を分解した後、pH2~3に調整し、定容したのちにアッセイ検体としてください)

キット操作方法

  1. (1) DIW、標準液、アッセイ検体 40 μllをwell添加
  2. (2) RA 200 µlを96 well plateにアプライ
  3. (3) 室温で5分間インキュベート
  4. (4) 主波長560 nmの吸光度OD1を測定
  5. (5) 発色液 8 μlをwell添加
  6. (6) 室温で5分間インキュベート
  7. (7) 主波長560 nmの吸光度OD2を測定
  8. (8) 以下の計算式より鉄濃度を求める
    FE31M計算式

製品仕様

    • 使用目的 :
    • 鉄(Fe2+,Fe3+)の測定
    • 測定試料 :
    • 血清,血漿,尿,唾液,細胞ライセート,組織抽出液,植物抽出液,毛髪試料抽出液,食品抽出液,飲料水,環境水,鉱水など。
    • 測定範囲 :
    • 5 ~1,000 μg/dL
    • 測定波長(主波長) :
    • 560nm
    • 感度のある波長域 :
    • 540~580 nm
    • 測定回数(1キット) :
    • 200回
    • アッセイ法 :
    • Ferrozine法
    • 特異性 :
    • 生物種を問いません
    • 共存物質の影響 :
    • 抱合型ビリルビン・非抱合型ビリルビン90 mg/dL
      溶血ヘモグロビン70 mg/dL
      ただし、EDTAは影響を与えますので使用しないでください。
    • 対応している検出機器:
    • マイクロプレートリーダー、紫外可視分光光度計、比色計
      ※キットに96ウェルプレートやキュベットなどは含まれておりません。

実施例

  • 本キットによる管理血清の測定

    血清鉄測定例

    図1. 鉄濃度が既知である管理血清の測定結果

  • 本キットによるブタ肝臓中鉄濃度の測定

    ブタ肝臓測定例

    図2. ICP-OES法と本キットによるブタ肝臓中鉄濃度測定結果

その他の実施例はこちら